前へ
次へ

腰痛とハムストリングの関係があります

腰の痛みには様々な症状があり、原因なども複数存在することから難しい症状になっていることもあります。
しかし、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など酷くなると外科的な手術が必要なものから、初期症状では運動療法や対処療法で改善されることも少なくありません。
運動療法ではストレッチや筋力トレーニングが必要で、特に注目されているのは腹筋になります。
腹筋には腹直筋や腹斜筋などの箇所があり、作用に違いがあります。
そして腹圧を高めるための腹筋の使い方も知っておくことで、腰痛などの症状に対して有効だといわれています。
下半身ではハムストリングが張っていると腰痛になりやすいために、ハムストリングをストレッチをして柔軟性を高めておくことが望まれます。
またハムストリングは「こむら返り」をする箇所でもあるので、ストレッチとスクワットなどの筋力トレーニングをすることで鍛えることができます。
これらをやっていくことで腰痛などの症状が緩和する可能性が高いです。

Page Top