前へ
次へ

在宅医療を選択することのメリット

近年、在宅医療を希望する患者さんが増加しています。
特に終末期の患者さんにその傾向が強く、病院ではなく住み慣れた我が家で最期を迎えたいというニーズが高まっているようです。
在宅医療とは、通院困難な患者さんでも入院することなく、自宅を医師や看護師などの医療スタッフが訪問することで、患者さんのケアを行う治療方法のことを言います。
この方法のメリットは、入院しての治療と異なり、自分のペースに合わせた生活が送れるということです。
そのため、患者さんの精神的な負担が軽くなることから、場合によっては入院時よりも様態に回復が見られることも少なくありません。
とは言え、在宅医療を実現するためには、同居している家族による理解と協力が不可欠です。
例えば、医療スタッフが対応できない時間帯の身の回りの世話などは、家族でこなさなければなりません。
また、緊急時にすぐに対応してもらえるよう、日頃から医療機関との連携体制を構築しておくことが大切です。

Page Top