前へ
次へ

看護師不足を克服する為の医療機関の取り組み

ある地方新聞に、看護師不足に悩む医療機関での看護師確保を克服する為の取り組みについての記事が掲載されていました。
看護師さんの仕事は多岐にわたって居り、それ故に離職も多いのですが、何とか踏みとどまってもらえる様に、若い看護師さんの悩みや困りごとについての相談窓口を置き、サポートし続けた結果、離職率が徐々に低下したと云う事でした。
悩みは様々で人間関係がメインの様ですが、そんな悩みを共有し合って、現場の改革を推進していく事で得られた結果だけに手応えがあったと紹介されていました。
また、地元にある看護師養成学校との連携を強め、就職の斡旋についても強化したそうです。
看護師の友人が何人か居りますが、やはりどの医療機関においても看護師不足は深刻の様です。
そんな中にあって、看護師さんが看護師さんをケアし合うシステムを構築して、結果を導いた事は、きっと多くの医療機関にとっても参考になることでしょう。
看護師さんが「白衣の天使」で、あり続けられる様に、患者の側も考えなければいけない事がたくさんあるなと感じた記事でした。

Page Top