前へ
次へ

肺がんの疑いがある症状をチェック

日本人の病気でも多くの人がかかっているがんの中でも、肺がんには特有の症状がでないといわれています。
特有の症状がないといっても、実は咳や痰が出ることがわかっていますので、診断をするには自己判断をしないことです。
また発熱などもあり風邪によく似た症状なので、風邪だからしばらく放っておいてもいいかということもあります。
そのために発見が遅れてしまうと症状が悪化してしまうので、要注意なことだとわかります。
普通の風邪と違うのは咳や痰は、何日たってもなかなか改善しないことが特徴で、血痰が出たときは病院へすぐ受診することです。
呼吸音も異音になっていたりヒューヒューしていると、肺がんになっている可能性があるので放っておかないことです。
今の医療では早い段階でがんが発見された場合には、完治するくらいの医療レベルになっているので、昔のように不治の病という位置ではなくなりました。
それだけに初期段階でどれだけ食い止めることが出来るかがポイントです。

Page Top